スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金分割

こんにちわ
悪魔城シリーズって もうアレですよね
最速クリア想定して下蹴り入れてますよね
分かる人に言えば ドゥエ移動法ってやつですね


人は 近くにあるモノほど その大切さに気付く事は出来ない

それは何故か そこにあるのが自分にとって当たり前だからである

それは道具も  人も 同じだ 近しいモノほど 気付けない

どんな人にとっても一番近く 世に生を受けてからずっと共にあった者達 家族

この家族の大切さ 気付く事はとても難しい

常に共にいたから 良い面も嫌な面も全てを見て過ごしてきた

人は嫌な面ばかり目に付く生き物だ 疎ましいと思う事も 多いだろう

ある筈もないのに それを分かってもいるのに 不死ではないか と 思う事もあるだろう

だが 家族というのは 同じ血を通わせた 代わりの効かない 特別な存在だ

その大切さに気が付けるのは ソレを失った時 つまり 亡くなった時だ

それでは明らかに遅すぎる しかし 分かっていても 分かっているつもりでも

やはりどこかで疎ましく思ってしまう それは分かっていないという事だ

鬱陶しく思っていても いざ葬儀の時となれば涙が溢れて止まらなくなる

それを見た人が また同じことを繰り返し またそれを見た人が繰り返す

近くにあるモノでも大切に想うというのは 今は難しい事だ

良い面があると分かっていても それでも嫌な面ばかり見えてしまうから

それは友達でも 恋人でも同じ事 差は違えど道具も同じだ

大切 というのは真心を込めた無くてはならない存在 という事

それがなくなれば 真心は何倍ものやり場のない悲しみへと姿を変え還元される

そして その悲しみは時には絶望へと姿を変え 心を破壊する

皮肉なモノだ 大切に想う気持ちが巡り巡って自らの身を滅ぼす

だが 人を モノを大切に想う気持ちはとても素晴らしいモノだ

その気持ちがあるから 人類は今まで繁栄を遂げる事ができた

確かに失うのは辛いだろう それを恐れて大切なモノを作らないという気持ちも分からなくはない

だが 大切に想われる方は とても嬉しいのだ 形あるモノはいずれ必ず失われる

それをイチイチ恐れていては 身も心も持たないだろう

それでは 誰かを大切に想う事もなく 真心を忘れ いずれ死する事になる

そんなマイナスしかない選択肢を わざわざ選ぶ必要もあるまい

どうせいずれ死するのだ 誰かを大切に想い 真心を持ち 人へ温かさを与える

このプラスも含む選択肢の方がよっぽど有意義だろう

道具にも魂が宿ると言われている 想われる気持ちも きっと届く

失う事を恐れる事はない 自分という存在が無くなる寸前にすら真心を貰えなければ

到底安らかに逝くことは出来ない  真心を込めて 今までの共存に感謝し

あらゆるモノを込め 感謝を与え 安らかに逝かせてやる

それが 人間に出来る 大切なモノへの 最大の恩返しとなるだろう
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
たまにいるじゃないですか 失うくらいなら もういらない って人

まぁ その人の気持ちもあるでしょうし 辛いのもあるでしょうし

そう考えたくなるのも分からなくはないですけど ちょっと あれですよね

寂しいですよね ずっと独りでいるって言ってるのと同じですからね

まぁ 口先だけで言ったところで 失うショックはかなりのモノですからねぇ

大切さに気付けたとしても 逆に失う恐れを増幅させてしまうだけかもしれませんが

今そこに在る内にやれる事をやっておく という選択肢が増える事にもなりますし

まぁ うん 何というか 難しいですよね 人の気持ちって

誰かと一緒に居たい でも失うくらいならいたくない 常に相反してるわけですね

ま でもやっぱり失う事が怖くても 大切なモノは持った方がいいですよ

持つ事で更に自分の成長につながる事もありますし

自分がその人を支えられるかもしれませんからね

大切なモノは積極的に作って 失う時は笑って送ってあげましょう

以上
スポンサーサイト
コメント

No title

ブログではお久しぶりです^^

大切なものって本当に気付くのが難しいですよね、、
もっとちいさなことに感謝できるような
そんな人になりたいです!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。