スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越権行為

こんにちわ
梅雨は もう明けたのでしょうかねぇ?
何か 思ったより降りませんでしたね
いっぱい降りましたけど 何か こんなもんだったっけ? みたいな
まぁ 半週連続降られた時はちょっと参りましたけど


はい というわけで 自分に自信が持ててないパターン

自分に自信が持ててないというのは いくつかありまして

一纏めに言ってしまえば 体にコンプレックスを持ってる ですね

例えば 体のどこかが普通と違う 例えば 体に見られたくない所がある 等々

まぁ 難しい事は置いといても とにかく自分で自分の体を嫌と思っている ですね

顔が不細工だとか 髪がその時期にしては薄いとか 逆に多いとか

言葉を発する という事は 人の視線を集める事と同じです

誰かが喋れば 自然と目線はその人に向かうでしょう

それこそが 自分に自信が持ててない人が言葉を濁らせる原因ですね

自分の体にコンプレックスを持ってる人は 絶対にこう思っているはずです

絶対に人に見られたくない と

まぁ 当然ですね コンプレックス  自分でも嫌な部分なのですから

人に見られたくないと思ってるのに 視線をわざわざ集めたいと思う筈もなし

故に 言葉を発する事を恥じる事になるのです 恥じはしなくても嫌と思うのですね

言葉は発するべきモノ 発しなければいけないモノ そう頭では理解していても

やっぱり人の視線を集める事はしたくないという気持ちが大きすぎて 言葉が出ないのです

こういうパターンに一番多いのは やはり顔かと思われます

言葉を発する人を見る際に一番目線を集める所 そこにコンプレックスを持ってしまっている

分かりますか? あまり見られたくないのに 言葉を発するからには絶対に見られてしまう気持ち

堂々と 何の気持ちもなく言葉を紡げる人には あまり理解出来ない事かも知れませんが

本当に 辛いんですよ それこそ 言葉を発する事自体が恥となってしまって

でも 言葉の持つ大切さは理解できている だからこそ 顔を見せないように工夫するんですね

例えば 喋るときは目線が泳ぐ 顔を背ける 別のモノを見る とかですね

これは話を聞く場合も同じ事ですね 相手の顔を見る事は自分の顔を見せると同じですから

でも こういう人達の気持ちを理解出来ない人には これは嫌な感じに映ってしまいがちです

だから 上の行動を無くさせようとするんですね 相手の目を見て話せ と

でもそれを聞かされる側はこう思います それが出来ないから と

負の循環が発生するわけですね 

確かに相手の目を見て話す事は とても大事な事です

でも 今の時代 それが出来ない人が増えてきているんです 人の目を気にするようになったせいで

軽い気持ちで責めてやらないでください それは何十年と続いた事

その者達にしてみれば その一時で治せるものでもなければ 簡単に出来るモノでも無いのです

気持ちを 察してあげて下さい その者も辛い思いをしてるんです

会話をまともに出来ない これが人間関係にどれだけの影響力があるか

それこそ 友達なんて一人も出来ない可能性だってあります

まだ考えが幼い頃にしてみれば 相手の顔を見なければいい という事で

話しながら手を出したりする者も いたりするでしょう

でも やっぱりどこか別の所を見て話す者が多いと思います

そういう人を相手にした時は どこ見てんだコイツ とか思ったりせずに

それなりに察してあげて下さい その人も その人なりに頑張ってる筈です

まぁ いずれは治した方がいいのも事実 治すのにかかる時間は 人それぞれです

急いては事をし損じる です ゆっくり焦らずに 徐々に治せばいいのです

どうにも急かす人が多くていけない 急かされるほどに悪化すると知ってか知らずか

ま 目を見て離さないのは失礼に値する事ですから しょうがないと言えばしょうがないんですがね

ここでも余談ですが 僕は顔に持ってます 一番キツイ部位ですね

だからと言って親を恨んではいません 恨むべきは顔で決める人の性 です はい

はっきり言えば 現実の僕 かなり無口ですよ 喋れとか言われたりしない限りは

何も喋りませんしね ただ態度で示す事くらいしか

ネットとかメールとか電話だと 顔見なくてもいいから結構喋れるんですがねぇ

あ 電話は喋れはするけど それでもちょっとキツイところはありますね

まー 喋らなくなった原因は 顔だけじゃないんですがね 昔あった事が多分大きいです

その原因にもっと腹から声出せとか言われて イラってしたり 誰のせいかと小一時間(ry

とまぁ そんな具合ですよ 喋らない人にもその人なりの想いがある それを汲んであげて下さい

自分の現実が 世界の現実ではありません 自分の現実を無理に当てはめる事は やめましょうね

以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。