FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳暗花明

こんにちわ 2000HITありがとうございます
やー 凄いね 始めた頃 それから数ヶ月間は
まさかここまで行くとはねぇ ちょっとずつでも 確実に進んでいる
ある意味 ちょっとずつの方が感謝の気持ちも多くなりますよね
訪問者様のブログに訪問し返すのも楽ですし ね
訪問者が多いには多いなりのいい所があるように
少ないには少ないなりのいい所があるのですよね


前はスーパーファミコンの話 という事で

今回はNINTENDO64についてでも 少し話しましょうか

スーパーファミコンの次世代機 という事で 様々な面が進化

グラフィック ドット ゲーム性 現代ゲームの基盤となるゲームも多いでしょう

その中でも僕的評価でのとても面白いゲーム 所謂神ゲーは

恐らく世界ランキングにしてもかなり上位に食い込んでくるであろう スーパーマリオ64

他に ゼルダの伝説時のオカリナ エキサイトバイク64 爆ボンバーマン 等々

特に時のオカリナに関しては 3Dになって最初の難関であった視点問題を解消したゲームでした

上げ始めたらキリがないほどに良いゲームが勢揃いしていましたねー

64が神ゲーの全盛期だと評価する人も多い事でしょう

それほどに ゲーム界にとってNINTENDO64の技術は革命的だった事でしょう

今でこそ当たり前の3D画面が初めて本格的に導入されたゲーム機ですしね

今では スーパーマリオ64はDSで 時のオカリナは3DSで リメイクされてますけど

まだまだ移植やVC配信を望む声がとても多いゲームも沢山あるんですよね

僕としては上に挙げたエキサイトバイク64と爆ボンバーマンは欲しい所です

とにかく もう あれですよ 革命だったわけですよ 色々な面で

僕が好きなゲームは 全体的に自由度が高いゲームでしたねぇ

スーパーマリオ64は パーティに招待されたはいいけど ピーチ城はクッパに占領

それを救う為に絵の中に入り パワースターを集める というゲームでした

クリアするには70個あればいいのですが 全て集めると120個となり

とある変化が城の外の中庭に現れる という やり込みもあるゲーム

何より 結構難易度が高いんですよね 隠しスターとかもあったりして

とても面白かったです はい

時のオカリナは 中古で買ったんですが 1000も行ってなかったんですよね

もっと高くても良いくらいのボリュームでした が

残念ながら クリアには至りませんでした 水の神殿 というダンジョンが

それまでとは比べ物にならない位に難しかった記憶があります はい 詰みました

これはVCにあるのですが 1200という何とも不親切な値段なんですよね

欲しいんですけど 買うには2000ポイント買わなければならないという

とりあえず 3DSでも VCでも 買って損はないと思います それほどに面白い

クリアには必須では無い 軽い寄り道程度のイベントも結構盛り込まれていて

分かる人に言えば わらしべイベント ってヤツですね

ほぼ全てのステージを巡る 時間制限ありのイベントで 苦労しましたけど 達成感はありました

で それで最強の武器を取ったはいいけど 詰んだというね 悲しいね

エキサイトバイク64は 結構マイナーっぽいですけど これも面白いんですよ

基本的にバイクのレースゲームなのですが ジャンプ中にコマンドを入れるとトリックを決めれたり

相手の前輪に自分の後輪を当てるとクラッシュさせれたりで 妨害しまくったり

何よりの特徴と言えば クラッシュ でしょう やった人にはこれだけで分かると思いますが

壁に勢いよくぶつかったり ウィリーしすぎたりしたらクラッシュするんですけど

この仕方が とにかく面白いんですよ 普通にやってればただバイクから落ちるだけなんですが

狙ってクラッシュすると キャラが勢いよく吹っ飛んだり バイクが高速回転しながら飛んだり

何故か猛スピードでキャラやバイクが吹っ飛んで行ったりとかで

そんな面白いクラッシュがあるもんですから レースをせずに

レースが終わるまでに誰が一番面白いクラッシュを出来るか なんて勝負に入れ替わるのも

日常茶飯事な出来事なわけです で 大抵選ばれるコースが小屋がある森だったり

電車が走ってるコースだったり 工事現場のコースだったり 

忘れちゃいけないのが ミニゲームのヒルクライム 及びダウンヒル

そのままの意味で バイクで山を登るミニゲームなのですが これが結構難しい

ちょっとルートを間違えれば勝手に流されて崖から落ちたり クラッシュしてしまって

常に断末魔が響くような状況なんですよね 4人プレイなら尚更

ダウンヒルは流される事はない代わりに 勢い良く落ちるモノですから

ちょっとでも方向を誤れば ジャンプした際にそのまま崖にダイブ なわけです

とまぁ やった事も見た事もない人からすればよく分からない話だったかもしれませんが

上で紹介した三作品はどれも面白いです エキサイトバイク64は移植はされてませんが

マリオと時のオカリナは言った通り移植されてるので 興味を持たれた方は 是非どうぞ

ゲーム性もさながら 音楽も素晴らしい物が揃っています 

少々長くなっちゃいましたので 今日はここまでにしときましょうか

ゲームは 現実としっかり区別を付けて 楽しみましょう

以上
スポンサーサイト
コメント

0626

2000HITおめでとうございます。
これからも訪問しますね。
まぁ大抵がケータイからですが。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。