スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入境問禁

こんにちわ
バーチャルコンソールで時オカを買おうと思いましたが
1000円と思ってた所が1200円で断念した星です
腹いせに風のタクト 最初から始めました
やっぱ 名作だよね どっちも ゼル伝は自由度が高い所が好き


子供が残虐なのは 物事の本質を理解出来ないからである

それでどれだけ人を傷つけるか理解できないから 心にもない言葉を吐く

それでどれだけ人を傷つけるか理解できないから 友を簡単に捨てる

年端もいかない子供だ 知識も知能も大して高くはない 仕方もないだろう

だが 物事の本質を理解出来ない という事は 詰まる所

どれだけ危険な事でも 自分がやると決めたら 絶対に出来る という事だ

例えば 大人なら身の危険を感じ 見ることしかできない事故寸前の状況

危険を感じる事が少ない子供なら 迷わず助けに走るかも知れない

人への恐怖を感じる事なく接する事が出来るかもしれない

それは 人助け 残虐とは真逆の まさに勇気と希望の塊

そう 子供は染まり易い が 染まり易いが故に元の色は何物でもない

正義や悪の概念も無く 自分がやると決めたら それを行う

それが悪い方向へ働く事が多い為に 子供は残虐な生き物だと言われがちだ

だが 大人でも動けない状況でも 子供は動ける希望が備わっている

身の危険を顧みず 危険な場所に飛びこむような勇気は 子供の方が持っているだろう

時にはそれは無謀となり 何も成さぬまま命を落とす事も少なくはないだろうが

大人でも持ち得ない勇気を持ってるだけでも その者は称えられるべきだ

対人関係を取っても 大人の駆け引きの連続で人と接するそれに比べて

子供の対人関係は 話したいから話す 一緒に居たいから一緒にいる 等

自分の気持ちに正直な関係が多い 駆け引きする必要がないというのもあるが

子供は単純にその者と楽しみたいが故に関係を持つ

確かに最初は話しかけられる方は警戒する事もあるだろうが

心を開けば 互いを必要とする関係に発展する事は容易い

子供は 自分の気持ちに素直が故に時に注意すべき残虐さを持つが

時には大人も見習うべき真っ直ぐを持つ かつての貴方は どうだっただろうか
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
子供の頃って 何を考えるでもなく友達が出来たりしてましたよね

出会いもどうやって始まったかも覚えてない いつの間にか友達だった的な

僕の昔の友達もそうでした 多分親の用事で会ったのでしょうけど

どうやって友達になったかは 全く覚えてません 幼稚園も一緒だったかな?

友達から紹介されて友達になったりする人もいたりしましたねぇ

けどまぁ 絶対に一人はクラスにいるわけですよ イケメン勝ち組ってのが

気に食いませんでしたね 昔の僕でも 自分が人気者だからって調子に乗って

常に天狗になって 人を蔑んで 自分を担ぎあげて ね

ま 今になってはどうだっていいですけど 今どう変わったかは気になる所

まぁ 結局何が言いたいかってーと 子供は確かに酷い面もありますけど

評価すべき素晴らしい面だって多いって事ですよ はい

特に人に気を使えるのは子供の方が多いですね 小さな事でも ね

店の扉を先通っても開けておいて後ろの人通らせるとか そういうの

何故大人になって こういう気持ちを忘れてしまうのか・・・ 寂しいですね・・・

以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。