スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖人賢者

こんにちわ
アレですねぇ ロックマンXって 良いゲームでしたよね
今も時々急にやりたくなったりします
Xのストーリーは知りませんが 僕の中では神ゲーだった
今PSPにリメイクされてるんですよねぇ
評価は様々 気になってる所 うん
波動拳初めて見たけど 強すぎだぁね


この世には男女平等という言葉がある

だが それは言葉だけだ 実際に平等な所などそうそうない

男だから 女だから この言葉が付くだけで既に差別と取れる

男だから強くなくてはいけない だとか 重い荷物は男が持て だとか

これはまだいい 女性の体にも限度はあるし

作業を効率化させるためには 力が出せる作りの男がやるのも自然な事

しかし あらゆる面で男だから男だからと言われる事は沢山ある

女性を泣かせてはいけない 泣いてはいけない 趣味は硬派でなければいけない

三つ目は今の時代あまり無いが 人形好きな男は変な目で見られるのは事実

その他にも女性がズボンを履こうと特に違和感もないし 非難もないが

男性がスカートを履いたらどうだろうか 男女が違うだけで評価は真逆になる

女性が男性物の雑誌を買うのも何ともないが 男性が女性物の雑誌を買えば

女性が短髪にするのに何ともないが 一部男性がロングにすると どうだろうか

これは 男性への差別と取れはしないだろうか

男性物と女性物を入れ替えただけ しかし女性は受け入れられ 男性は拒絶される

身体の作りから 似合わない というのも最初はあったかもしれない

しかし 似合わないかどうか以前に 男だからという時点にまで戻り拒絶されている

僕が男が故に男ばかりの話になってしまうが 女性の方にも結構多い筈だ

後で受け入れられるとはいえ 男性物の衣服を着ると最初は何かある筈だ

女性だから体は華奢じゃ無ければいけない という話も無い事もない

全ての人がそうと言うわけではないが 女性なのに筋肉

という気持ちを持つ者は 結構な数いることだろう

ある意味 悪い意味で平等 悪平等かもしれない

男性だから 女性だからとお互いに差別されあって

その差別された気持ちや 差別意識から 平等になっているかもしれない が

意識的に差別され 溝が深まった状態で平等となっても 意味はない

しかし 男女という時点で既に我々は一歩進めている

昔は人種そのモノが差別されていたのだから

下民 貴族 王

下民である以上 自由はない 上の玩具にされるばかりの人生

そんな時代もあったことだろう それに比べればまだ男女と言える時点で救われている

我々男女はこれでいいのかもしれない 上でも言った通り 差別では無く

作業の効率化の為に○○だから と使う場合だってあるのだから

特に違和感もない今 あまり気にする必要はないのかもしれない

ただ 一つ これは絶対に外せない事がある

それは 家庭の形  男女から夫妻へと姿を変える問題

夫だから家族を養って当たり前 妻だから家を支えて当たり前

そんな話を常日頃聞いている気がする 僕から言わせてみれば何ともくだらない

○○だからと言ってる以上 自分が常に優位に立とうとする姿勢が丸見えだ

家庭の場で優位に立った所で何になる その言い合いを逆に考えてみるといい

夫は家族を養うためにお金を稼ぐ 妻はそのお金をやりくりして家族を支える

どっちもお互いが無ければ成り立たないだろう それは支え合っている証拠だ

優位に立つ必要はない 平等でいいではないか どちらも+1 差は0だ

男女平等は無くてもいいかもしれない が 夫妻平等はあるべきだと 僕は思う
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
僕はそんな考えに共感してくれる人と人生を共にしたい

夫だからとアレコレ言われるのは 正直耐えられない自信があります

その代り僕は絶対に妻だからと言うつもりもありませんし

ま 今の考えですし 将来はどうなるか 分かりませんけどね

そもそも僕と人生を共にしてくれる人が現れるかどうかも分かりはしない

人生そんなもんです 現れるかもしれないし 現れないかもしれない

なんか まぁ これが自然の形と考えれば良いかもしれないですけど

でもやっぱり 男だから とか 何か嫌な感じしますよねぇ

それが女性にでも出来る事なら尚更 押し付けられてる感が否めない

うーん 人の正しい形ってのは一体どんなのなんでしょうかねぇ

そもそも そんなの無いかもしれません が ね

以上
スポンサーサイト
コメント

No title

きっと・・・

どうしようもないことなんでしょうね、、
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。