スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜雨対床

こんにちわ
凄いねぇ トップ記事の拍手数が10越えてる
あーいあーい ありがとうございます
拍手と言えば 16日 初めて拍手コメントというものを頂きました
何というか 見辛いですねぇ・・・ 最後文字化けしてた
いや 嬉しいですけどね とても


イジメというモノは様々な要因から起こる

軍団の結束を強める為の生贄として

自分より弱いモノを探したいという個人的欲として

そこにいるだけで気に入らないからという理由で

特に多いのは一つ目と三つ目かと思われる

集団で同じ事をしていればその結束は深まる

イジメはそれをする為の最も手っ取り早く 最も簡単な事である

まさに結束を深める為の儀式の生贄というわけだ

二つ目はあまり多くは見られないように思えるが

しかし確実に存在している 人間の深層欲求

前に言った通り 人は自分より下の者を見ていなければ不安になる

だからこそ 自分から探しにかかる 居なければ作る

それが例えどんなに卑劣な手を使う事になろうとも

三つ目 恐らく最も残酷で最も卑劣なイジメの理由

ただ自分が気に入らない そんなくだらない為だけに

イジメを受ける者の人生を破壊しにかかる

後の人生にどれだけその傷跡が残るかをも考えようともせずに

共通して言える事は どれもくだらない しかし確実に人生を変える

という事である それが良い方向か 悪い方向か は人による

そして その者の存在価値を否定する事である

最も多く そして最もイジメとしてイメージしやすい 他人の人生価値の破壊

お前に生きる価値はない 死ねば皆幸せになる   死ね

この言葉が どれだけ人の心に傷を付けるか 考えた事があるか

一生立ち直れない傷を付けることだってある 文字通り命を投げ出すほどに

その責任を取れるか 場合によっては冗談では済まされない

いいか イジメる方はいつだって冗談 だが イジメられる方はいつだって本気なのだ

冗談のつもりで言った言葉でも それを相手は本気にとる

冗談を後で付けたしても もう遅い 確実に心に傷を付けることになる

例え冗談でも この言葉は人を容易く切り裂くほどに鋭い言葉なのだ

だから冗談でも言ってはいけないと教育される それを理解しろ

人の人生を他人に操作する権利は 全く無い

ましてや生を終わらせる事など 許されていい筈もない

イジメをする時の言葉や行動がどれだけ人を傷つけるか

よく考えることだ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
本当にくだらない 書いてて反吐が出そうです

たかが数人の団体や一個人の勝手な見解の為だけに 何故人生が壊されるのか

イジメをする者は イジメを受ける側の気持ちをもっと考えるべきです

周りには味方はいない いるのは自分を辱め 貶め 傷つける者だけ

頼れる者などいはしない それがどれだけ苦痛か それで人間をどれだけ恐れるか

外に出る事すらままならないダメージを負う者だっているんです

想像するだけでも身の毛がよだつ それを想像出来ないほど人間の想像力は乏しく無い筈

子供 特に小学生に言っても難しい事が多いかもしれません

ただ一つ 絶対にして 恐らくこれ以上無いほどにイジメを止めることが出来る言葉は

人を虐めるなら その人を殺す覚悟を決めろ だと思ってます

今の時代 人を殺すという重荷 子供ですら知らないわけが無いはずですし

まぁ 思った所で 言えはしないですがね 誰が虐めっ子か分かりませんし

教師も教師でもっとイジメの重大さを理解すべきだと思うんですがねぇ

自分のクラスでそんな事が起きてる事を知られたくないかとか そんなのどうでもいい

イジメ報告しても 2人と自分の場を作って ごめんなさい 大体はそれで終わり

そんな事でイジメが止まる筈もない むしろ悪化する チクったと

だから誰にも相談出来ないんですよ イジメっていうのは

元々教師を信用していなかった僕にしては 相談する選択肢すら存在しなかった

んー まぁ 長くなっちゃってますねぇ

とにかく イジメはこの世に存在する行為でTOP3に入る程に卑劣な事です

くれぐれも そんな愚かな事はしないように そして見たら 出来るなら救いの手を

以上
スポンサーサイト
コメント

No title

僕の学校は、友達を馬鹿にしてみんなでそいつを笑うっていうのがよく行われてるんですが、それもやっぱりやられてる方としては嫌ですよね?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。