スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拈華微笑

こんにちわ
昨日テレビでやってましたけど
やっぱり何か悟ったら行きつく先は皆同じ考えなんですね
姿形なんて問題じゃない 生きている意味が無いなんて事は絶対にない
いや 僕が悟ってると言うわけじゃないです

人間の感情は恐ろしい物が詰まっているが

その中で 日常的に存在し あまり感知されない感情 飽き

これは恐ろしくないように見えるが とても恐ろしいモノだ

それがどんなモノであれ 飽きれば人間は簡単に捨てる

かつてとても楽しく接していた友人でも

どんなに好きな道具だとしても いとも簡単に だ

飽きは自分が関与した全てを対象にする

例えその一時が充実していようとも 日が経てば飽きは必ず来る

そして 捨てる 人それぞれ方法は違えど 捨てることに変わりはない

道具の場合 まだ百歩譲って 良いと言ってもいい

だが 友人を捨てるとは何事だ

友は道具じゃない 人間だ 自分と同じ感情も持っている

それをただ飽きたから というくだらない理由で捨てる 嘆かわしい

確かに飽きた以上 その友人を疎ましく感じることもあるだろう

捨てて自分はスッキリ出来るだろう だが 捨てられた方はどうする

何故嫌われたか 何故捨てられたか 自分が満足するまで永遠考え続け

自己嫌悪し そして堕落していく 捨てた者のせいで

確かに知り合ってまだ間もない時期なら それ程傷も深くはないだろう

だが 何年かの付き合いだとしたら その傷は計り知れないものとなる

一緒に遊んだ 一緒に笑い合った 一緒に怒り合った 一緒に悪い事もした

そんな 最早人生にその人無くては物足りないと言えるほどに大切になった人

その人自身に捨てられるショック 立ち直れない事にもなる可能性がある

友という存在である以上 いずれは別れる時が来るかもしれない

それでも 何故その時に しかもたかが飽きたというふざけた感情の為に

その人を捨てる必要がある 友がいるのがどれだけ恵まれているか もっと自覚すべきだ

自分を失って 相手がどれだけ落ち込むか もっと知るべきだ

友がいるのといないのとでは 世界観はガラリと変わる

中には裏切りと取って 人間不信になる者の可能性もあり得る

人間である以上飽きは絶対に捨てることは出来はしない

だが 抗う事は出来る筈だ その一時抗えば いずれその対象の大切さに気付ける

その一時の飽きに従って 大切なモノを捨てることは しないことだ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
まぁ ある意味僕も捨てたようなモノですけど

だからこそ 言える事があると思うのですよ

友がいないという事は 自分の時間を全部自分に使えるという

取りようによっては聞こえはいいかもしれませんが 何ともつまらないものです

特に友と過ごした記憶が自分にあれば その退屈さは増幅されます

捨てて 完全に見捨てられた後気付いた それは どう考えても遅すぎました

今になって相手はどう思ったのか 傷つけてはいないだろうか

そんな事を一日一回は思い起こす日々 ね 傷ついてないわけがないのにね

友は飽きたからと簡単に捨てて良い存在ではありません

道具のようなやり直しは効かないんですから

皆は友を 大事にしましょう

以上
スポンサーサイト
コメント

No title

スイマセン、ずっとコメントできませんでしたし、記事も書けませんでしたごめんなさい <(_ _)>

それと、バトン回してくださって、ありがとうございます (^^ゞ

それと、これから地雷のヤツも書きますから。

スイマセン、ずっと書けなかったんですが、ブロ友になっていただいてよろしいですかね?

いつ切り出そうかずっと迷っていたんですが、今回の記事を読んで決めました、ハイ。

友達の大切さ、奥深さは簡単に捨てられるもんじゃないですよね、って言うか捨てちゃダメなんですよね。

長々と失礼しました <(_ _)>






No title

生まれてきた ということは 必ず意味があるものだと、思います。 逆に意味のないものは始から存在しない、 生まれてこない、 だ そうですヨ!

ヨ! ってなんだよ! って自分につっこんでみたり・・・・・ 

原発・・・ どうなるんだろう・・。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。