スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精忠無二

こんにちわ
そういえば阪神淡路大震災 僕2歳でした
でも全く覚えてません よく生きてたなぁ
まぁあの頃は大津波は無かったでしょうしねぇ
地震単体なら 今回ほど怖くもないかもですね


良くも悪くも 人は負の感情には敏感だ

例えば その一回だけでも嫌われていると感じれば

優しい人なら その人にはもう近づこうとしなくなる

近しい人がイライラしている様子なら その人から離れようとする

所謂第六感の一種だろう

殺気 目線 負のオーラ

目には見えないが 確実にそこに存在しているモノ

それを敏感に感じ取る 自分の身が危ないなら尚更だ

自然界の動物があらゆる方法で身を守ろうとするのと同じように

身の危険をいち早く察知し 身の安全を図る

自然界で身を守れなかった者は喰われるのと同じように

危険を感じられなかった鈍感な人は その負の循環に取り込まれる

人間界と自然界は何も変わらないのだ

第六感が鋭ければ逃げられる 鈍ければ喰われる

身を守る方法があれば生き残れ 無ければ待っているのは死

しかし 第六感を意識して強くしよう等という事は出来ない

強くしたければ 恐れれば良い

恐怖を持てば 何も無い筈の所に気配を感じたりするだろう

そういう事だ 恐怖が極限に近ければ近いほど 第六感は敏感に働く

それが長く続けば それが日常となっていく

貴方の周りにも目には見えない しかし確実にそこに存在している

負の循環がある筈だ くれぐれも気を付けるように
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
自分で言うのもなんですが 僕は結構鋭い方だと思います

小さい頃から強制的にホラー要素見せられてきたんで

恐怖なんて もう日常茶飯事でしたぜ

主にホラー映画とか 夜に電気全部消してイヤホンでバイオハザードとか

特に着信アリがトラウマでしたねぇ・・・ SOWは目を逸らした

まぁ それのおかげで第六感が育てれたと思えば

感謝してない事もないですが 未だに時々思い出して怖くなります

バイオハザードは耐性付いたのか 今じゃどうともないですけどね

以上
スポンサーサイト
コメント

0323

私は3歳でしたよ。
ということは私より年下だったのですか?
年上だと思ってましたよ。

0323-2

コメントありがとうございます。
知ってみると驚くこともあるんですね。

いやぁー、毎回見ていて思うのですが、なんか心理学の本を読んでるような感じです。

人によって感じ方は様々かもしれませんが、僕はスゴい好きです。

こんな僕なんかが言えたコトじゃないんですがね。


さて、僕はホラー系好きなんですが、見た後いっつも見なきゃ良かったって後悔するんですよね。

まぁ、面白いからいいんですけど・・・

やっぱり怖いです (・_・;)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。